2017年7月3日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

米軍艦が西沙諸島領海進入 外交部「重大な政治・軍事的挑発」

人民網日本語版 2017年07月03日10:00

外交部(外務省)の陸慷報道官は2日、米ミサイル駆逐艦「ステザム」が中国の西沙(英語名パラセル)諸島領海に勝手に進入したことについて、重大な政治的・軍事的挑発行動であるとして、強い不満と断固たる反対を表明した。

【記者】外国メディアによると、米ミサイル駆逐艦「ステザム」が2日、中国の西沙諸島領海に進入した。これについてコメントは。

【陸報道官】米ミサイル駆逐艦「ステザム」が2日、中国の西沙諸島領海に勝手に進入した。中国は直ちに軍艦と戦闘機を出動して、米艦に対して排除警告を行った。

西沙諸島は中国固有の領土だ。「中華人民共和国領海及び接続水域法」に基づき、中国政府は1996年に西沙諸島の領海基線を告示した。中国の法律には、中国領海への外国軍艦の進入に関して明確な規定がある。

米側は「航行の自由」の旗印を掲げ、再び軍艦を派遣して中国の西沙諸島領海に勝手に進入した。これは中国の法律と国際法に違反し、中国の主権を深刻に侵害し、当該海域の平和・安全・望ましい秩序を破壊し、中国側島上の施設及び人員の安全を脅かすものであり、重大な政治的・軍事的挑発行動だ。中国側は米側の行為に強い不満と断固たる反対を表明する。

現在、中国とASEAN諸国の共同の努力の下、南中国海情勢は緩和に向かい、かつ積極的な発展の趨勢を呈し続けている。米側が南中国海で入念にもめ事を引き起こすのは、安定を求め、協力を促進し、発展を図る域内国共通の願いと相反する。

中国側は米側に対し、深刻に中国の主権を侵害し、中国の安全を脅かすこうした挑発行動の即時停止を強く促す。中国側は国の主権と安全を守るため必要なあらゆる措置を引き続き講じる。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年7月3日

関連記事

コメント

最新コメント