2017年3月20日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

日本の食文化が招いたクロマグロの絶滅危機

人民網日本語版 2017年03月07日09:40

東京・築地市場で1月に、新春恒例の初競りが開かれ、青森県大間町産のクロマグロが1匹7420万円で競り落とされた。世界中で配信されたニュースに掲載された画像を見ると、落札したすしチェーン「すしざんまい」を展開する喜代村社長が、会心の笑みを浮かべながら、同日最高値で競り落とされた212キロのマグロに包丁を入れている。北京晩報が報じた。

成熟が遅いほか、乱獲されており、さらにはこれほど大きなクロマグロ以外に、幼魚さえ捕獲する漁師がいるため、クロマグロの個体数は激減し、絶滅危惧種に指定されている。

高値で売れるマグロ

クロマグロは、海洋生態系において食物連鎖の重要な一環として、他の魚や甲殻類などを捕食する。もしクロマグロが絶滅すると、関連の海域の生態バランスも崩れてしまう。専門家は、「絶滅危急種」に指定されているジャイアントパンダより、クロマグロの状況のほうが予断を許さないとの見方を示している。

クロマグロは主に3種類に分類することができ、IUCN(国際自然保護連合)の「レッドリスト(絶滅のおそれのある世界の野生生物のリスト)」では、太平洋クロマグロが「絶滅危惧種」、タイセイヨウクロマグロが「絶滅危惧IB」、ミナミマグロが「深刻な絶滅の危機」に指定されている。それらの数は減少の一途をたどっており、どれも絶滅の危機にさらされている。

統計によると、1961年に16万トンあった太平洋クロマグロ(親魚)の資源量は、2014 年は約1万7千トンに落ち込んでいる。そのため、現在捕獲されているクロマグロの多くは親魚になる前の小型魚だ。

世界自然保護基金(WWF)の関係者は取材に対して、「クロマグロが絶滅危機に瀕している主な原因は、日本での需要が高いため乱獲されているためだ」と指摘する。

寿司や刺身で最高のネタとされるクロマグロは、大きいほど高値で取引される。「絶滅危機」という警告があっても、日本での需要を抑えるには至っていない。捕獲すれば儲かるため、日本の漁師は大量のクロマグロを捕獲しており、その量は、日本が世界的な話し合いで合意した漁獲枠の基準値を超えている。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント

中川 清三   2017-03-09125.53.124.*
 日本では300年前の江戸時代には、「すしの屋台」があり江戸の町中で「にぎり寿司」が食べられていた、「江戸前寿司」といって、江戸湾で獲れた魚だけが使われていたが、江戸湾以外で獲れた魚はマグロだけで、特に赤身だを好んで食べていたようだ。 最近になって日本食ブームになり、世界中で「和食」が好まれ「すし」はその代表的なものとなった。また「生」で食べる習慣がなかった訪日外国人が、日本で生まれて初めて食べる「刺身」や「寿司」が、余りに美味しく、特に14億人もいる中国人たちが、一斉に「生食」に気づくようになると、世界中の魚が不足してしまう。 そうなれば日本人も魚が食べれなくなると心配する日本人が出てくる。《近大マグロ》で名を馳せた「近畿大学海洋水産部」が長年研究してきた「完全養殖」が成功した、マグロにふ化させ、その卵から稚魚を育て、成魚に育て上げた、「近大マグロ」が去年から築地市場に出され、大型スーパーマーケットの「イオン」で発売された。マグロ以外では非常に難題であった「うなぎ」も完全養殖に成功しており、あと数年もすれば市場に出回り、生産が安定して安くて美味しいウナギが出回るようになる。 その他ヒイラメ・真鯛・トラフグ・ギンザケ・車エビ等も完全養殖にメドが付いていて、早い商品化を期待されている。