2017年3月9日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>中日フォーカス

村上氏、新作で南京大虐殺認める内容、専門家「正義・良識ある問題提起」

人民網日本語版 2017年03月09日11:16

江蘇省南京市にある中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館の「人類の大災害-侵華日軍南京大虐殺史実展」。中国語・英語・日本語の3ヶ国語で南京大虐殺の「犠牲者数 300000(30万人)」と書かれている(写真は中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館の公式サイトより転載)

日本の作家・村上春樹氏の新作「騎士団長殺し」が2月24日に発売された。同作品では主人公の「私」の口を借りて歴史的事件の南京大虐殺に触れ、旧日本軍が起こした中国侵略戦争や南京大虐殺に対する反省を述べている。そしてこのことで、日本の右翼勢力から批判を受けている。

村上氏の同作品では、主人公の「私」が歴史的事件の南京大虐殺を次のように語っている。

「そうです。いわゆる南京虐殺事件です。日本軍が激しい戦闘の末に南京市内を占拠し、そこで大量の殺人がおこなわれました。戦闘に関連した殺人があり、戦闘が終わったあとの殺人がありました。日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、降伏した兵隊や市民の大方を殺害してしまいました。正確に何人が殺害されたか、細部については歴史学者のあいだにも異論がありますが、とにかくおびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、打ち消しがたい事実です。中国人死者の数を四十万人というものもいれば、十万人というものもいます。しかし四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?」

中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館の元館長の朱成山氏は、人民日報の取材に対して、「村上氏は国際的にも知名度の高い日本人作家であり、新作の中で南京大虐殺における中国人死者数に関して、『四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?』という疑問を投げかけていた。これは、南京大虐殺は事件性が高いという視点、生きる権利を尊重する観点、正義や良識ある立場に立った、力強く鋭い質問だ」と語った。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント