2017年5月9日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

中米軍事関係、適切な処理を要する5つの問題

人民網日本語版 2017年05月09日15:57

安全保障関係、特に軍事関係は国家間関係判断の「高度の政治的範疇」だ。中国の持続的で力強い発展に伴い、安全保障分野における中米関係には比較的大きな「ゼロサム」色が残る。両国の安全保障関係、軍事関係を正しく把握することが、健全な中米関係の安定・発展にとって極めて重要だ。(文:楊毅・解放軍海軍少将。環球時報掲載)

以下の5つをしっかりと処理することが特に重要だ。

第1に、両国の軍事的パワーバランスの変化を正しく受けとめ、悪性競争を防止する。

総合国力の高まりに伴う中国の国防力と軍事力のたゆまぬ増強は、米国に「戦略的焦慮」を引き起こしている。米国は中国の軍事力の増強、自国との軍事力格差の縮小に対して、戦略的焦慮を抱き、地域及び全世界における米国の利益に中国が挑戦することを懸念している。だが米国が好むと好まざるとに関わらず、中国は軍事力を発展し続ける。米国にとって唯一の選択肢は、中国の軍事力増強を積極的なメンタリティーで受けとめ、平等で互いに脅威とならない軍事関係を発展させることだ。

第2に、戦略面で率直で誠意ある意思疎通を強化し、安全保障関係の良好な相互作用を促進する。

長い間、安全保障関係、軍事関係は中米関係における最も不安定な部分であり続けてきた。近年、両国間の様々な対話制度の整備と対話チャンネルの増加に伴い、両軍関係も比較的安定した状態を維持していることは喜ばしい。これは相互理解の増進、戦略面の誤った判断の防止に積極的な役割を発揮してきた。今後さらに戦略目標、軍事理論、戦略的意図の面で率直で誠意ある意思疎通を行い、誤った判断による軍事関係さらには両国関係全体の緊張を防ぐ必要がある。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント