2017年6月16日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>政治

世界の人権ガバナンスを推進する「中国の案」

人民網日本語版 2017年06月16日14:59

国連人権理事会第35回会議開催中の14日、中国側がジュネーブで開催した国際シンポジウム「人類運命共同体の構築と人権」によって、世界は人類運命共同体という重要理念に内在する人権要素に注目し、世界の人権ガバナンスに与えるその新たな原動力を悟った。(人民日報「鐘声」国際論評)

今年1月にジュネーブの国連欧州本部で発せられた高らかな声を人々は思い起こした。「平和の火を代々伝え、発展の原動力を絶やさず、文明の光を輝かせる……中国の案は人類運命共同体を構築し、ウィンウィンと『共に享受』を実現することだ」。習近平国家主席の重要演説は人類運命共同体の未来に目を向け、人権発展事業に知恵による啓発と精神的原動力を与えた。

人類運命共同体の構築は、中国が21世紀に打ち出した世界発展のビジョンである。「国際社会はパートナーシップ、安全保障構造、経済発展、文明交流、生態環境整備などの面から努力する必要がある」。習主席は人類運命共同体構築行動の要諦を明示した。

今年に入り、重要理念「人類運命共同体の構築」は国連決議、国連安保理決議、国連人権理事会決議に相次いで盛り込まれ、国際人権対話の重要議題となった。人々は人類運命共同体の理念が、人権の主体において人類全体を強調し、人権の内容において共通の安全と共同の発展を強調し、人権の本質において共通の利益と共通の価値を強調し、人権の実現において共通の義務と共同建設・ウィンウィンを強調し、公正で合理的な国際人権ガバナンスシステムの構築にとって重要な指導的意義を持つことを日増しに認識している。オランダ異文化間人権研究センター長のTom Zwart氏は「国際人権システムは困難な時期にある。『人類運命共同体の構築』という概念の人権分野への導入はタイムリーなものであり、国際人権システムを改革によって救い、新たな生命力を与えるだろう」と指摘する。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント