2017年8月14日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

EC産業は価格競争から「実店舗化」へ 小売の変革

人民網日本語版 2017年08月14日10:32

EC産業がオフラインの世界にやってきたら、どんなことになるだろうか。スーパー、書展、携帯電話販売店、ホテルなどと同じようになりそうだが、実はそうではない。このほど顔認識システム、ビッグデータによるおすすめ機能、WiFiと画像識別システムに基づいて人の動きを感知するセンサーなど、数々の最先端の科学技術に彩られた大手ECプラットフォーム・京東のオフライン小売体験店舗「京東之家」がオープンした。京東は年内に同様の店舗を300店まで増やすとしている。もう一つのEC大手・網易厳選は人々の想像力に働きかけ、業界の枠を超えて「利用しながら買い物もできる」ホテルをオープンした。体験型消費や特定シーンの中での消費が登場し、「新機軸」が次々誕生する小売産業は今、従来の枠を打ち破り、多方面と融合する新たな変革の波を起こしている。「北京日報」が伝えた。

▽京東之家 入店すると顔を識別して商品をおすすめ

顧客が入店する際、入り口にあるモニターの前で数秒間立ち止まると、顔が認識され、興味を感じそうな商品が画面に映し出される。また顧客に合わせて、「仕事人間」、「科学技術マニア」、「真夜中のショッピング愛好家」、「家事の達人」といったキーワードが出現し、コンビニの店員が好きそうな商品を選んでくれる。

このような科学技術感満載の買い物シーンは、北京市の通州万達広場にある京東之家で体験することができる。ここでは顧客が初めて来店すると、モニターが顔写真を撮影し、顧客がQRコードを読み取って確認すると、あっという間にこの店の登録会員になる。次回の来店時には、顔情報が「会員カード」代わりになり、モニターが誰であるかを自動的に識別する。

京東之家には青々とした植物や木目調の陳列棚などが置かれ、一般的な携帯電話売り場や電子製品売り場と異なり、フレッシュなムードが漂う。商品は単純にブランドごと、品目ごとに並べられてはおらず、旅行、健康、女性などさまざまなシーンやテーマに沿って陳列されている。

出店時には、入り口の2台のモニターがリアルタイムで記録を取り、入店時と出店時の人数、性別、年齢層、滞在時間などがすべて記録される。


【1】【2】【3】

関連記事

コメント

最新コメント

アクセスランキング