2014年10月16日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪騰訊人民LINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

中国、映画集客力ランキング 俳優トップは黄渤、女優は楊幂

人民網日本語版 2014年10月16日14:21

中国の映画界では最近、人気俳優・黄渤(ホアン・ボー)が2006年以降に約20本の作品に出演し、それらの興行収入が計50億元(約875億円)を超えたことが話題になっている。同数字は、中国の映画史上で「無敵」の記録だ。黄渤を見るために、映画館に行くというファンも多く、正に「黄渤を起用すれば興行収入が伸びる」という状態になっている。では、黄渤以外に、集客力がある役者は誰なのだろう?統計をまとめてみた。半島晨報が報じた。

出演作品の興行収入を足し合わせるだけでは、1人の役者の興行収入に対する寄与率を完全に反映できない。役者1人の集客力は、▽合計興行収入▽持久力▽最近数年の活躍---などの要素によって決まる。そのため、2012-14年の3年間のデータを集めてみた。まず、役者1人が各年に出演した作品の興行収入を合計し、3年分の興行収入を「影響力」指標とする(1作品の興行収入が2000万(約3億5千万円)以下である場合、集客力があるとは言えず、統計には含めない)。その後、3年のうち、1年の合計興行収入が1億元(約17億5千万円)以上の年が2年以上あることを、最低条件とし、それを「活躍度」指標とする。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント