2014年12月15日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪騰訊人民LINE微信RSS
人民網日本語版>>写真>>芸能

アンジェリーナ・ジョリーが監督した戦争映画が中国で上映

人民網日本語版 2014年12月15日14:46
写真は「アンブロークン」のスチール写真。

ハリウッドの有名女優、アンジェリーナ・ジョリーが監督した第2次世界大戦をテーマにした映画「アンブロークン」(Unbroken、中国語名「堅不可摧」)が日本右翼の集中攻撃を受け、多方面の注目を集めている。寧波日報が伝えた。

「アンブロークン」は米国の第2次大戦の英雄、ルイス・ザンペリーニ氏の回想録2編を基にしたもので、ザンペリーニ氏が第2次大戦中に捕虜となり日本軍から残酷な虐待を受けたが、信念と勇気を以って生き延びた経歴を描いている。

歴史の真相を明らかにし、残酷な戦争を反省するこの映画は11月17日、オーストラリア・シドニーで世界初公開されて好評を集めたが、日本では右翼の抵抗に遭い、誹謗や攻撃さえ受けている。


【1】【2】

関連記事

コメント

最新コメント