• 习近平出访南非
2015年12月4日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

Apple新浪騰訊人民LINE微信RSS
人民網日本語版>>カルチャー

バラエティ番組「康熙来了」最後の収録 范氷氷李晨カップルが出演

人民網日本語版 2015年12月04日10:22
バラエティ番組「康熙来了」最後の収録 范氷氷李晨カップルが出演

台湾地区のバラエティ番組「康熙来了」が2日、最後の収録を行なった。収録前の記者会見で司会者の蔡康永は感極まって会場で涙を流し、もう一人の司会者小S(徐熙娣)も普段はユーモアたっぷりだが、この日は声を詰まらせた。新華社が伝えた。

「康熙来了」は台湾のトーク形式のバラエティ番組で、2004年1月から台湾中天テレビで放映を開始した。同番組は長い間、台湾の同様の番組の視聴率において安定した首位を守り、大陸部、香港・マカオ、台湾の視聴者、とりわけ若い世代に絶大な影響力を持っていた。台湾の政治やビジネス、エンターテインメント業界の有名人、例えば政治家の馬英九や連戦などはかつて同番組に出演し、司会者2人から「つるし上げ」られた。番組はまた、たくさんのスターを生み出した。

知的な蔡康永と明朗快活で面白い小Sのコンビは、番組に独特なスタイルを持たせ、2人の司会者に無数のファンができた。2015年10月16日、蔡康永が同番組の降板を申し入れたという声明を発表し、徐熙娣もすぐに「進退を共にする」と表明した。これは12年近くにわたり走り続けてきた同番組の終了を意味していた。

このニュースが流れたあと、大勢のファンは「残念だ」と声をあげ、名残惜しい気持ちを表した。一部の専門家は「歴史に名を刻み、台湾のバラエティ番組の代表となった『康熙来了』の終了は一つの時代が終わった」と考えている。

2日の記者会見の席で、蔡康永は「皆に愛されなくなってからやっと別れを告げるのではなく、皆がまだ気にかけているうちに別れを告げたい」と語った。さらに小Sが進退を共にしてくれたことに対して感謝を意を表し、長年の相棒に対して「本当に私の良きパートナー」と称えた。

2日の「康熙来了」最後の収録は全部で4回分の放送を収録した。1番目のテーマは「12年通知王」(前編、後編)、2番目はゲストに范氷氷と李晨カップルを招き、3番目は司会者の蔡康永、小Sと陳漢典のみが出演するという。最終回は2016年1月に放送予定だ。(編集JK)

「人民網日本語版」2015年12月4日


【1】【2】【3】【4】【5】【6】

関連記事

コメント

最新コメント