2018年1月24日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

政治|経済|社会|文化|中日
科学|写真|動画|対訳|企画
Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

ブロックチェーン大ヒットの理由は? 

人民網日本語版 2018年01月24日10:40

仮想通貨ウォレットのブロックチェーンインフォによると、1月22日夜現在、ビットコイン(BTC)の時価総額が193億ドル(1ドルは約110.8円)に達し、1BTCの価格は1万ドルを超えたという。ビットコインはいかなる政府機関にも依拠しない通貨であり、今では世界で通用する通貨になった。この背後には、ブロックチェーンのもつ大きな魅力がある。今最も熱いブロックチェーンとは一体どのようなものなのか。人民日報海外版が伝えた。

▽ブロックチェーンは一種の技術

インターネットアナリストの張孝栄さんは、「最もわかりやすく言えば、ブロックチェーン技術は個々人の記帳のようなもの、あるいは分散型の台帳のようなものだ」と話す。

インターネット時代には、どのシステムも背後にデータベースを抱え、このデータベースが大きな台帳とみなされる。これまではシステムの管理者がデータベースを管理し、ユーザーの行動を記録し、記帳していた。だがブロックチェーンは「脱中心化」をモットーとし、システムのすべてのメンバーがブロックチェーンに関与するようにする。個々人は記帳するだけでなく、チェーンを通じて、完備した台帳をもつようになる。

張さんは、「ブロックチェーンは実質的には集合式の記録方法だ。その特別な点は新しい観念ややり方で一連の技術を採用して、記録した結果の真実性・信頼性を確実にしたこと、破壊はもとより、改ざんができないことにある。第1に、個々人には記録する権利があり、相互認証によって真偽を確かめることができる。第2に、個々人が記録を改ざんすることはできない、暗号方式に基づく署名があるからだ。第3に、個々人にはコピーがあるので、もしも原稿の台帳が破損しても、全体として影響は受けない。こうした方法で記録された情報はブロックと呼ばれる情報の単位を一定時間ごとに生成し、チェーンのように連結していくことからブロックチェーンと呼ばれる」と説明する。

ビットコインを代表とする各種の暗号方式デジタル通貨は元々はブロックチェーン技術の応用の一種であり、ブロックチェーンのバージョン1.0とされる。だが2014年頃、業界がブロックチェーン技術の重要な価値を認識し始めると、徐々にデジタル通貨から分かれて、デジタル通貨以外の経済社会の各分野に応用されるようになった。


【1】【2】

コメント

最新コメント

アクセスランキング