2018年5月23日  
 

中日対訳健康知恵袋 企画集 北京のお気に入り

政治|経済|社会|文化|中日
科学|写真|動画|対訳|企画
Apple新浪ツイッターFBLINE微信RSS
人民網日本語版>>経済

日本通運が中国欧州鉄道を利用した日本欧州間の輸送サービスを開始

人民網日本語版 2018年05月23日14:18

日本の大手物流企業・日本通運は21日から、中国欧州鉄道を利用した日本欧州間複合一貫輸送サービスを開始した。これにより、日本-欧州間の荷物輸送にかかる時間が大幅に短縮される。新華社が報じた。

日本通運のニュースリリースによると、同サービスには、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸など日本の主要港から中国・大連までの海上輸送と、大連からドイツ・デュイスブルグまでの鉄道輸送を組み合わせたルートと、成田、羽田、中部、関空などの日本の主要空港から中国・重慶までの航空輸送と、重慶からドイツ・デュイスブルグまでの鉄道輸送を組み合わせた、2ルートがある。

東京港からデュイスブルグ鉄道ターミナルまでのリードタイムは、40日間から最短で28日間に短縮される。一方、空路は、貨物量に応じてコンテナ貸切(FCL)サービスと混載輸送(LCL)サービスがあり、成田空港からデュイスブルグ鉄道ターミナルまでのリードタイムは最短でFCLでは22日間、LCLでは24日間となる。

日本通運は2015年11月から、中国欧州間クロスボーダー鉄道輸送サービスを開発し、航空輸送と海上輸送の中間に位置する「第3の輸送モード」にする取り組みを行っている。今後は、重慶・大連経由以外の他ルートの商品化を進める計画という。(編集KN)

「人民網日本語版」2018年5月23日

コメント

最新コメント

アクセスランキング